ホーム > 取り扱い製品 > 油圧制御機器 > バリポートバルブ[VORシリーズ]

バリポートバルブ[VORシリーズ]

運転条件に合わせ、弁容量を簡単に変更できる調節弁
バリポートバルブ[VORシリーズ]

このバリポートバルブは、ロータリ形の調節弁で、弁軸を回転せることで流量を調節できます。 また、この弁軸と組み合わされたスリーブを移動でき、流体の通過するポート部の開口面積を、簡単に変更できる構造になっています。 また、弁軸の回転でもポート部の開口面積が変わる構造になっています。スリーブの移動で最大流量を決め、弁軸の回転で最適流量に調節します。

一般に流体制御を行う場合、コントロールバルブの性能が制御性を左右しますので、従来次のような問題がありました。

・コントロールバルブの前後圧力が、実際の使用状態と設計条件とでは異なる。
・コントロールバルブは、口径ごとにCv値が決まり、段階的にしかCv値を選択できず、最適な
    Cv値の選択が難しい。
・使用流量範囲が、バルブのレンジアビリティより大きいことがある。

このバリポートバルブを使用することで、これらの問題を解決することができます。

特長

<Cv値を現場で連続的にしかも容易に変更できるため、最適な制御を実現できます。>
<レンジアビリティが広いため、プロセス量などのスケーリングの変更に柔軟に対応できます。>
<Cv値の特性はリニアです。>

仕様

形式

流体

耐圧(MPa)

最高使用
温度(℃)

Cv値
(開度100%)

全閉時の洩れ
(対最大Cv値比)

VOR1/4

-11

腐食性の無い
気体または
液体

0.3

70

0.04〜0.20

1%以下

-21

0.13〜0.63

-31

0.40〜2.00


岡谷精立工業株式会社 Copyright (c) 2010 OKAYA SEIRITSU ENGINEERING CO.,LTD. All Rights Reserved.