ホーム > 取り扱い製品 > 鋼板検査・制御 > 高温用電磁誘導センサー[IMM2,IMH2,IMU2]

高温用電磁誘導センサー[IMM2,IMH2,IMU2]

高温熱処理炉工程用に開発された電磁誘導センサー
高温用電磁誘導センサー[IMM2,IMH2,IMU2]

高温の熱処理工程において、電磁誘導方式のセンサを使いストリップセンター位置を±5mmの精度で測定する事ができます。長期間の使用にも耐えられるメンテナンスフリーの構造です。

特長

2つの電磁誘導センサが同一平面上に、パスレベルに対して垂直に、ラインセンターに対し対称に配置され、測定を行っております。
高温域における高精度測定、炉内の蒸気衝撃に対する無感応性、メンテナンスフリーといった特徴を持ち、世界で300台の実績を有しております。

高温用電磁誘導センサー[IMM2,IMH2,IMU2] 高温用電磁誘導センサー[IMM2,IMH2,IMU2]

仕様

 

IMM2

IMH2

IMU2

最大炉内温度

650℃

950℃

1100℃

板幅レンジ

500〜2850mm コイル位置に依存。

中心検出精度

±5mm


岡谷精立工業株式会社 Copyright (c) 2010 OKAYA SEIRITSU ENGINEERING CO.,LTD. All Rights Reserved.