ホーム > ソリューション提案 > 製鉄所の省資源に寄与する電磁制振装置

製鉄所の溶融亜鉛メッキ工程で、亜鉛の使用量を低減し品質向上に寄与する電磁制振装置

  • メッキ厚さのばらつきを少なくしてメッキ鋼板の品質を向上したい。
  • 亜鉛の使用量を抑え、省資源を実現したい。

上述の課題を解決するためには、当社が提携関係にあるドイツEMG社の電磁制振装置(略称 eMASS)が最適です!

製鉄所の省資源に寄与する電磁制振装置
  • 当社が提携関係にあるドイツEMG社の電磁制振装置(略称eMASS)は、電磁石を利用した非接触の鋼板振動抑制装置で、欧州を中心に世界中で多数の納入実績があります。
  • この電磁制振装置と余分な亜鉛を吹き飛ばすエアナイフ装置を設置すれば、電磁石の吸引力でメッキ厚さのばらつきの原因となる鋼板の振動を抑制し、亜鉛使用量を大幅に低減できます。
  • メッキ厚さのばらつきが少なくなることで亜鉛使用量を抑えることができ、コストを削減できます。
  • 均一性の高い亜鉛メッキ鋼板を安定して生産できます。

既設ラインの条件など設備に求められる仕様によって、大きく変わります。

製鉄所の省資源に寄与する電磁制振装置
  • 設置するための条件を含む既設ラインのデータをご提示下さい。
  • 個々の条件に合ったご提案ができるよう詳細の打合せをお願いします。

主な活用領域

製鉄所の溶融メッキ工程専用の装置です。

関連製品の紹介

電磁制振装置[eMASS]
電磁制振装置[eMASS]
溶融亜鉛メッキ鋼板ラインのメッキ工程において、電磁石を利用し、非接触で鋼板ストリップの振動抑制が可能です。

岡谷精立工業株式会社 Copyright (c) 2010 OKAYA SEIRITSU ENGINEERING CO.,LTD. All Rights Reserved.